孤独な理学療法士の日記

楽しく元気に長生きを応援するブログ

【ハーモニーランドの攻略スケジュール】子供の遊び心を満足させるポイント

家族旅行で大分県にあるハーモニーランドにやってきました。この場所を訪れるのは二回目です。今回の旅行のテーマは「子供の貪欲な遊び心を完全に満足させること」です。

子供目線の攻略スケジュール

前回に訪れた経験を活かしつつ、いかにして子供たちに心の底から楽しんでもらうかということを念頭に置いて綿密に計画を立て、今日という日に望みました。

本日のスケジュールを時系列に沿って各アトラクションの紹介も含めて進めていきます。

f:id:matorupt:20190406225426j:plain
f:id:matorupt:20190406222433j:plain

キティーキャッスル

ここはかなり混雑し、待ち時間も長いことから一番最初に行こうと決めていました。まずエントランスから入園し、真っ直ぐに進んだ場所にあります。

f:id:matorupt:20180503205438j:image

このお城のような建物がキティちゃんのお家で中には可愛らしい部屋や家具、小物などで溢れかえっていました。

f:id:matorupt:20190406222515j:plain
f:id:matorupt:20190406222737j:plain
f:id:matorupt:20190406222700j:plain
f:id:matorupt:20190406222555j:plain

入った瞬間子供たちの目がキラキラと輝き始めました。

また、子供たちに大人気のキャラクターであるキティーちゃんと一緒に記念写真を撮ることもできます。

ポイント

無料で手持ちのカメラでも撮影は可能です。有料では「メモリアルフォトフレーム」と呼ばれる記念写真が1枚1200円というお値段で購入することができます。

正直少し高いと心の中をよぎりましたが、後々のいい思い出となるので購入を決心しました。

ハーモニートレイン

次に向かったのがハーモニートレインです。ハーモニーパーク駅とカーニバルスクエア駅を結んでいる鉄道です。

f:id:matorupt:20180503210705j:image

列車の種類は「ハッピーバースデー キティー号」と「ハッピースマイル シナモン号」があります。並んでいるとシナモン号がやってきました(できればキティー号に乗りたかったです)。

f:id:matorupt:20180503205950j:image

さっそく乗車して下の方にある駅まで降りていきます。前回訪れたときは凄い行列でしたが、今日はちょうどパレードパラレルの真っ最中だったということもあり、あまり待ち時間もなく乗ることができました。園内を一周することができ、乗っている間の眺めも最高でした。

f:id:matorupt:20190406222834j:plain

ポイント

最初に下の駅まで降りる理由は「サンリオキャラクターボートライド」に乗るためです。前回はハーモニートレインは大行列だったので乗るのを諦めて歩いて下まで降りてしまいました。それが間違いでした。坂道をずっと下って行くためにかなりの体力を削られてしまいました。後先のことを考えると並ぶ時間が長くても列車に乗って降りることをおすすめします。

サンリオキャラクターボートライド

ハーモニートレインに乗ってカーニバルスクエア駅で降りるとすぐにサンリオキャラクターボートライドが目に入ります。

f:id:matorupt:20190406223725j:plain
f:id:matorupt:20190406233204j:plain

ボートに乗って進んでいくトンネルの中は薄暗い中をライトアップしており、サンリオワールドが全開でした。

f:id:matorupt:20190406222944j:plain
f:id:matorupt:20190406223020j:plain
f:id:matorupt:20190406223044j:plain
f:id:matorupt:20190406223108j:plain
f:id:matorupt:20190406223158j:plain
f:id:matorupt:20190406223243j:plain
f:id:matorupt:20190406223322j:plain
f:id:matorupt:20190406223345j:plain
f:id:matorupt:20190406223419j:plain
f:id:matorupt:20190406223511j:plain
f:id:matorupt:20190406223532j:plain
f:id:matorupt:20190406223609j:plain
f:id:matorupt:20190406223630j:plain
f:id:matorupt:20190406223701j:plain

下の子供がこのボートをすごく気に入ってしまい、立て続けに2回も乗りました。

ポイント

ボートはゆっくり進みます。じっくりと勢揃いしているサンリオのキャラクターたちを見ることができるので、特に小さいお子さんにはおすすめ度が高い乗り物です。

ポップンスマイル

色々なキャラクターたちのゴンドラがあります。ラッキーにもキティーちゃんに乗ることができ、子供たちも嬉しそうでした。ゆっくりと風景を楽しみながら一周回ることができます。

f:id:matorupt:20190406223753j:image

ポイント

6歳未満でも保護者同伴で乗ることができます。ゆっくり動くので怖がりでも楽しむことができます。

スピントリック

再びハーモニートレインに乗ってハーモニーパーク駅へと戻ってきました(ここでも決して歩いて登って行こうとしない方がいいです)。

駅に到着した後、スピントリックに乗りました。これは遊園地によくあるバイキングの子供版のようなものです。しかし、左右に揺れながら一回転するので、三半規管の弱い私は少し乗り物酔いをしました。

f:id:matorupt:20190406233304j:plain
f:id:matorupt:20190406233647j:plain
注意

この乗り物には4歳以上という年齢制限があるため下の子供(2歳)は乗ることができませんでした。

スカイジェット

妻は、私たちがスピントリックに乗っている間スカイジェットの順番を取っていてくれました。いかに並ぶ時間を少なくすることが疲れないためのコツです。そのおかげであまり待たずに乗ることができました。この乗り物は家族4人で楽しく乗ることができました。

f:id:matorupt:20180503210343j:image

ポイント

ペダルをこぎながらゆっくりと園内を眺めることができます。年齢制限もなく、保護者同伴であれば家族全員揃って乗れるためおすすめです。結構高いところを通るので高所恐怖症の人はある程度の覚悟は必要です。

*お昼ご飯を食べるときの注意事項

お昼時を過ぎてご飯を食べることにしました。ゴールデンウィークということもあり、レストランはどこもいっぱいでした。野外にあるフードコートのような場所は他と比べると空いていたので、焼きそばとたこ焼きと唐揚げを買って食べることにしました。

ポイント

やはり食べ物、飲み物全ての値段が高かったです。家族4人であれば軽く5000円以上はかかるでしょう。

周りの家族を見渡すとあらかじめお弁当や飲み物などを持参しているようでした。やはり経済的な事を考えると、是非ともお昼ご飯はあらかじめ用意していた方がいいでしょう。

リズミックコースター

お昼ご飯を食べた後、パレードパラレルが始まるまでに少し時間があったのでリズミックコースターに乗ってきました。これはローラースケート型のジェットコースターです。ここには長い行列が出来ていました。乗るまでに30分程行列に並んでいたおかげで私たちの体力は一気に削られました。しかし、実際に乗ってみる意外とスピード感もあり、子供はとても興奮して喜んでいました。

f:id:matorupt:20180503210935j:image

注意

この乗り物も4歳以上という年齢制限があるため下の子供は乗れなかったです。

パレードパラレル

リズミックコースターを乗り終えたところでちょうどパレードパラレルが始まっていました。キャラクターたちに直接触れ合うことができるために大変人気で沢山の人だかりができていました。

f:id:matorupt:20190406224022j:plain
f:id:matorupt:20190406223843j:plain

今回私たちは乗り物を楽しむことがメインだったので、子供を肩車して後ろの方からそっと眺めていました。

下の写真が2時間ほど前に撮ったものです。もうすでに場所取りが始まってました。

f:id:matorupt:20190406222337j:plain

ポイント

このパレードパラレルを目的として訪れる人たちは多いでしょう。もし最前列で見たいのであればレジャーシートなどを用意して最低でも2時間位前から場所取りをしなければいけません。

サンリオニンジャトライアル

この時点で午後3時を回っていました。段々と子供たちが疲れているのが目に見て感じとられ、アトラクションに乗るために行列に並ぶことができなくなりました。しかし、遊ぶ気力はまだまだありそうでした。

f:id:matorupt:20190406231546j:plain
f:id:matorupt:20190406223942j:plain
f:id:matorupt:20190406223917j:plain

そこでニンジャトライアルに行くことになりました。このアトラクションは全く並ぶ必要がなかったからです。ここには滑り台やうんてい、ボルダリング、トランポリンなどの遊具がたくさん揃っており結構楽しむことができました。この時の子供は一瞬疲れを忘れたかのように走り回って、夢中で遊んでいました。他のアトラクションと比べてみるとここが一番楽しそうに遊んでいたように感じられました。

ポイント

入場料が一人(大人も子供も)あたり別途500円かかります。かつ30分間という時間制限もありました。ここでも3歳以上という年齢制限がありました。

「遊ぶこと」に中々満足しない子供たち

皆さんは家族でどこかに遊びに出掛けた時に「もうそろそろ帰ろうか?」と言って、子供から「嫌だ。まだ全然遊び足りない」と言われた経験はありませんか?私はかなりの高確率で言われます。親がクタクタに疲れているからと言って子供も疲れているとは限りません。そうなんです。子供はまだまだ遊び足りていないのです。

普段は親の勝手な都合でスケジュールを決めてしまっているので、今回の旅行では子供たちの要望に答えるためにも「もう疲れたから帰ろうよ」という言葉を聞くまで遊び抜くことを妻と私の二人で心密かに決心していました。それを聞くまで私たちは「もう、帰ろう」と決して口にしませんでした。

当日は午前10時過ぎにハーモニーランドに到着し、この言葉を子供たちから聞き出せたのは午後4時過ぎのことでした。観覧車に乗るために行列に並ぼうとした、その時でした。

f:id:matorupt:20180503210842j:image

子供の口からついに「疲れたからもう並ぶのは無理。帰ろう」という言葉が出ました。私と妻も体力の限界を少し超えていた頃だったので、どこかでホッとした記憶があります。それと同時に遊びに対して本当に子供たちを満足させることができて心の底から嬉しかったのを覚えています。それから休憩目的でベンチに座りながらかき氷を食べて少し疲れを癒してからハーモニーランドを後にしました。2人とも帰りの車に乗るとほどなくして寝てしまいました。よほど疲れていたのでしょう。

 

連休中はどこも人が多いとある程度は覚悟していましたが、あまり体力に自信のない私と妻はこのスケジュールで子供に付き合うことで、案の定疲れ果てました。しかし、子供が本当に喜んで遊んでいる姿を見ることができて、再びハーモニーランドを訪れて良かったと感じました。

子供は遊びに関してはかなり貪欲です。その遊び心に対して、日頃から中々答えてあげることの難しさを痛感していた私たちは、本日ハーモニーランドにてようやくその望みを叶えることができました。これからも子供の期待に可能な限り答えていきたいです。明日はアフリカンサファリに行く予定でそこでも気合いを入れて頑張る覚悟です。

www.matorupt.com