孤独な理学療法士の日記

楽しく元気に長生きを応援するブログ

【塩選びのちょっとしたコツ】それは自然塩と精製塩の違いを知ること

食事に良い食材を使うことも大切ですが、一度料理に使う調味料を気にかけてみませんか?特にどのような塩を選ぶかによって料理の美味しさはもちろん体調にも大いに影響を与えます。

salt

塩の種類

塩は製法によって大きく2つに分類されます。

自然塩

生産過程で原材料である海水を一切加工・添加されていないものです。ミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。自然塩の中でも天日塩・岩塩・湖塩に分類されます。

Salt pans of Maras

精製塩

家庭でよく使用されている食塩のことです。精製塩は人工的に作られ、海水を何かしら加工・添加されたものです。生産過程で可能な限り色々なもの(体に大切な役割を果たすミネラルも一緒に)が取り除かれてしまいます。そのため精製塩の成分では塩化ナトリウムが約99,5%を占めています。

365::35 - so happy together

自然塩と精製塩の違い

以前は商品名のキャッチコピーとして自然塩や天然塩と書かれていましたが、一時期これらの言葉を巡ってトラブルが相次いだために現在においては商品名や裏ラベルに「自然塩」や「天然塩」という言葉を使用することは禁止されています。

裏ラベルで確認をしてください!

自然塩は原材料名に「塩」もしくは「海水」とだけ書かれています。精製塩は「天日塩」「炭酸マグネシウム」などと書かれており、工程という項目欄に「イオン膜」「立釜」と書かれています。

イオン膜製法とは?

原材料である海水をイオン膜に通して濃い塩水を生成してから作る製法です。これは自然塩と生産過程が全く異なるため、本当の塩とは呼べません。この製法は天候に左右されることなく一年を通して大量に生産することができます。

しょっぱさの違い

自然塩は深い旨味を味わうことができます。料理に使うことで、こくやまろやかさが増し、しょっぱさはほとんど感じられません。精製塩は本当にただしょっぱいだけで刺すようなピリッとした辛みがあります。

自然塩の効果

自然塩にはミネラルであるナトリウム、マグネシウム、カルシウム、銅、亜鉛、マンガン、リンなどが豊富に含まれています。ミネラルにより新陳代謝が高まり、骨や歯が丈夫になるなど体にとても良い影響を与えます。

missing tooth (284/365)

ミネラルが含まれているかどうかで塩化ナトリウムの含有率が異なります。精製塩と比べると自然塩の方が含有率が低いです。そのため、血糖値や血圧をコントロールしやすくなります。

カリウムの効果

自然塩に含まれているカリウムは血管内の血液量を減少させる働きがあります。ナトリウムによって高くなった血圧をカリウムによって低くするというバランスをとる効果が期待できます。ナトリウムは体にとっては必要なものですが、バランスよくカリウムを一緒にとることが大切です。

マグネシウムの効果

マグネシウムは主に脂肪や糖分を燃焼させる働きがあります。また、ナトリウムとカリウムのバランスの調整を行ってくれるのもマグネシウムの役割の一つです。

scales

塩と血圧の関係

塩分の取り過ぎは血圧が高くなる原因であると言われてきました。しかし、塩だけに注目すると少々事情が異なってきます。自然塩と精製塩の明確な違いを知ることで、血圧が高くなる原因とされてきた塩に対する既成概念を取り払うことができます。

Blood pressure monitor

精製塩のみを摂り過ぎると血中の塩化ナトリウム濃度が上昇してきます。そのため体が水分を欲するようになることで血液量が増加し、結果として血圧が高くなります。

ポイント

血圧が高い人は塩分ばかりを気をとられがちです。もし日頃から自然塩を使用しても血圧に変化が見られない場合は、食事内容・肥満・運動不足・ストレスなどが関係しているかもしれません。

終わりに

同じ塩と呼ばれていても自然塩と精製塩は全く別物です。自然塩は海水の天日干しによって作られるため時間や手間暇がかかり、コストも高くなりますが、ミネラルが豊富に含まれているのでとても体に良いものです。一つの考えとして、血圧が高い人でも自然塩を摂ることで塩分制限を極力行わずに血圧のコントロールを行うことが可能となるのではないでしょうか?もちろん、血圧に異常がない人も日頃から自然塩をとることで将来の病気に対する予防になることを期待できます。多くの人は価格の安い精製塩を選んでしまいます。しかし、一日にとる塩の量はほんのわずかです。それならば良い塩、つまり自然塩を使うべきではないでしょうか?

www.matorupt.com

www.matorupt.com